Iphone修理に出す時の注意点

Iphone修理を出す前にまず考えなければならないことはそのIphoneが本当に修理に出して使うほどの価値があるかです。
例えば今使っているのがIphone4sで彼女にプレゼントされた思い出の品というような場合は別ですが、新しいIphone6に乗り越えた方が遥かに安くなるし、新しいIphoneを手に入れることでうれしい気持ちになります。
ただし壊れてしまったのが買ったばかりのIphoneだった場合は修理に出さざるえません。
Iphone修理に出す時の注意点はAppleケアに入っている場合は正規のAppleショップに修理をお願いした方がよいことです。
Appleケアに入っていても修理料金は高いですが安心ですし、もし一度非正規店に修理に出した後正規の店に修理をお願いしても受け付けてもらえないからです。
Appleケアに入ってない人は修理料金も安くするためにも非正規の格安のIphone修理ショップに修理を頼むわけですが注意点があります。
それはきちんと保障があることです。
1週間とかの短期ではなく最低1ヶ月保障が必要です。

Iphone修理~電池交換について~

Iphone修理は全体的に簡単に行うことができますが、電池交換はIphone修理の中では例外です。
Iphone修理は基本的には、大抵の場合本体交換になります。
本体交換を行った場合、お店で診断してもらってからすぐ新しい本体を受け取ることができ、その場で回線の接続を変更して、交換が終わってすぐに通話等に使用することができます。
あとは、自宅に帰って保存してあったバックアップを、パソコンのiTunesなどから復帰すれば完了です。
(iCloudを使用している場合はそれも必要ありません)しかし、電池交換の場合はそうはいきません。
まず、Iphone修理の電池交換は、ユーザーが電池を交換することはできません。
ショップでも同様です。
工場にiPhoneを送って、そちらで交換をすることになります。
このあたりは、電池パックをユーザーも手軽に交換することができる他機種とは大きく異なる点です。
電池交換はAppleStoreか携帯ショップに携帯を持ち込むか、またはAppleのホームページから電池交換申し込みをして修理センターにiPhoneを送付します。
電池交換には1週間程度かかります。
その間の代替機も特に受け取れませんので、電池交換をする場合には不便を覚悟しなくてはなりません。